ドキドキ!ロ~ングエレベーター

TOY-1986_Nikon.jpg
[Nikon FTN:Film:FUJICOLOR SUPERIA PREMIUN 400]

ちょっと間が空いてしまいましたが、前回の続きです。

渦の道をお散歩した後は、エスカヒル鳴門へ行ってみました。

長い長~い観光用エスカレーターが特徴のエスカヒル鳴門。
高低差34m・全長68mを誇るこのエスカレーターは東洋一だとか!
エスカレーターを上れば鳴門海峡が一望できるパノラマ展望台があります。

ではでは…早速パノラマ展望台へ行ってみましょう!

TOY-1930_Natura.jpg
[NATURA CLASSICA/Film:FUJICOLOR NATURA 1600] 東洋一のエスカレーター

なるほど…これはかなりの急勾配。
目の錯覚で、上に昇っているはずなのにだんだんまっすぐ進んでいるような感覚に陥ります。
体が斜めになってるような気がして、手すりを離すと落ちるんじゃないかとすら思えてくる。
高所が苦手な人にはちょっと怖いかもしれないですね(´_ゝ`)
(高所が得意!ってわけじゃないけど、私は結構楽しかった(笑))

シースルーなので、(余裕がある人は)周りの景色も楽しめるようです(^_^)
…と思ったけど…緑が生い茂っていて(ジャングル!?)景色がほとんど見えない!(笑)
なんだか温室にいるような気分になりました(^_^;)

3階(てかここが3階なのか)に着いたあとは、ロビーを通り更にエレベーターで屋上へ。
さぁ、いよいよパノラマ展望台です!

TOY-1988_Nikon.jpg
[Nikon FTN:Film:FUJICOLOR SUPERIA PREMIUN 400]

眼下に広がる鳴門海峡!!
さっきまでいた渦の道があんなに小さい!ちょっとだけ渦潮も見えます。
長~いエスカレーターを昇ってきただけあって、眺めは最高です( ´艸`)

大鳴門橋、その向こうには淡路島まではっきりと!
天気も良くて気持ちいい~!(*^o^*)
小さめの屋上でしたが、この青空と海にテンションが上がりっぱなしでした。

TOY-1987_Nikon.jpg
[Nikon FTN:Film:FUJICOLOR SUPERIA PREMIUN 400]

しかしこのエスカヒル鳴門…
観光施設としては残念ながらちょっ~と、、、寂れた感じがしました。
3階のロビーのカウンターは無人で、昔お土産屋さんがあったであろう広々空間が寂しげです。
何代か前のちょっと古そうなプリクラがぽつんとあるのがまたなんとも…(笑)。
4階・5階にはレストランもあるようですが、団体予約のみとか(多分)みたい。
屋上からの景色はとっても素晴らしかっただけに、ちょっともったいないなぁ…と感じました。

TOY-1998_Natura.jpg
[NATURA CLASSICA/Film:FUJICOLOR NATURA 1600]

さて、そろそろ良い時間になってきたので、岡山へ帰ることに。

瀬戸大橋に入った頃、ちょうど夕暮れの時間だったのでちょっとだけ与島へ寄り道してみました。
与島に寄るのって何気に初めてかも…!?

ここでもまた、展望台から沈んでいく夕日を。
いやいや、太陽と海がいっぱい見れて良い一日だったなぁ…
日の出に始まって日の入りに終わった一日でした。

しかし…やはり一眼と二眼を一度に持って行ってはいけないな!
新しいどでかカメラバック(リュック)を使いたくて両方持って行ってみたけど…
もう背中が重くて大変でした(笑)

TOY-2001_Natura.jpg
[NATURA CLASSICA/Film:FUJICOLOR NATURA 1600]


にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
スポンサーサイト